iPhoneが膨張?恐怖のハマグリ現象とは

iPhoneが膨張?恐怖のハマグリ現象とは

iPhoneを触ってみてふと気付く…「あれ?何だかふっくらしている…太った!?

いいえiPhoneは太りません(笑)しかし、このままの状態で放っておくのは危険です。別に問題ないからと使い続けていると、ある日突然ぱっくりと割れてしまうことに!

iPhone真っ二つ!通称ハマグリ現象とは?

iPhoneが膨らむ原因は、内部のバッテリーが膨張してパネルを押し上げているからです。

「少し画面が浮いているけどまぁ問題なく使えているし、修理に出すのは面倒だから…」とそのまま使い続けているとバッテリーはどんどん膨張し、最終的にはパネル部分が開いてパッカーン!と真っ二つに割れてしまいます

その風貌はまるで焼きハマグリ…本物のハマグリは醤油を垂らして食べると絶品ですが、iPhoneのハマグリは悲惨です…

このハマグリ現象が起こるとバッテリー故障の他に、開いた衝撃で画面割れやホームボタンの故障、基盤のショートが起こることもあります。

そうなってしまうと修理代もかさみますし、最悪の場合はデータが失われてしまいます

ハマグリ現象が起こる原因とは?

ハマグリ現象は普通に使用していれば滅多に起こることではありません。この現象が起きる要因は二つ、"劣化"と"発熱"です。

劣化はその通り、バッテリーが劣化したことによって起こります。iPhoneのバッテリー寿命は2年程度ですので、それを過ぎると急激に劣化が加速していきます。劣化すればその分充電の頻度も多くなりますので、頻繁に充電した結果、更に劣化が進み発熱・膨張となるのです。

長く物を使い続けるのは良いことなのですが、iPhoneは精密機器ですので2~3年経てば機種変更するようにしましょう。特にiPhone3GS~iPhone5を現役で使っている方は要注意です!

発熱はストーブの前や真夏の車内といった高温の場所に置きっぱなしにしたり、充電をしながら長時間ゲームをしたりすることで起こります。

バッテリーの劣化や急な発熱は電池内部にガスを発生させ、密封された内部はガスが溜まることで徐々に膨張していきます。

発熱は特に膨張を加速させますので、くれぐれも高温の場所に放置しないようにしましょう。

ハマグリ現象を防ぐには?

ハマグリ現象の防止策は以下の3つです。

  • バッテリーが劣化したiPhoneを使い続けない
  • 高温の場所で長時間放置しない
  • 充電しながらゲームや動画視聴をしない

意外と当てはった人は多いのではないでしょうか?本体が熱くなっていると感じたら一旦使用を中止して、バッテリーが冷えるまで様子を見ましょう。(かといって、冷蔵庫に入れたり冷えピタを当てたりしてはダメですよ!)

ハマグリにならなくても、少しでも開いていたらその隙間からホコリや水が入って基盤の故障や内部のサビ・腐食に繋がることもあります。そうならないためにも、日頃からバッテリーにも気を使わないといけませんね。

無料相談はいますぐこちら

お電話でのお問い合わせ

東京新宿店0120905621

東京渋谷店0120905735

東京池袋店0120905809

東京高田馬場店0120963049

大阪日本橋店0120905916

大阪なんば店0120905992

メールでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • GoodモバイルのiPhone修理
  • コラム一覧
LINEでのお問い合わせはこちら

※修理対応端末はiPhoneのみとなります。
※6splus・7plusに関しまして、水没修理以外は行っておりません。