充電したのにできてない!焦らず確認したい原因と対処法

充電したのにできてない!焦らず確認したい原因と対処法

朝起きてiPhoneを起動したらあれ?全然充電されてない!なんてことあったら困りますよね。気を取り直してもう一度充電…やっぱり充電できてない!こんな時は何かしら異常が見受けられますので、まずはその原因を見ていきましょう。

充電できない原因とは?

何度挑戦しても充電できないと「壊れた!」と焦りますよね。確かに本体が故障していることや、バッテリーの寿命が来ていることもありますが、多くはこんなことが原因だったりします。

  • ケーブルの故障
  • 電源プラグの故障
  • 純正の充電器を使用していない
  • Dockコネクタの接触不良

ケーブルの故障

本体が故障していると思いきや、ケーブルが故障している状態ですね。ケーブルを曲がった状態や捻った状態で使い続けていると、負荷がかかり中で断線していることがあります。

ケーブルの故障の場合は、他のiPhoneやApple製品で確認することができますので、充電ができない時はこれを最初に試してみましょう。

電源プラグの故障

電源プラグはケーブルとコンセントを繋げる部品です。これの故障は滅多に起こりませんが、極稀に原因となることがあります。

ちなみに、iPhoneに対応した物を使用していないと上手く充電できないばかりか、バッテリーの故障に繋がることもありますので、必ず専用の物を使いましょう。

純正の充電器を使用していない

純正の充電器を使用していない場合、充電条件が異なるため充電ができない他、バッテリーの故障に繋がることもありますので、なるべく使わないようにしましょう。

Dockコネクタの接触不良

Dockコネクタとは、iPhone側面にある差込口のことです。ここにホコリや汚れが詰まっているとプラグが上手く差し込まれず充電できません。また、Dockコネクタは通話用マイクと繋がっているため、ここが故障してしまうと通話時に自分の声が相手に届かない・イヤホンを差しても音が出ないといったトラブルが起こります。

簡単!Dockコネクタのお手入れ方法

Dockコネクタに汚れが溜まっているときは、以下の方法でお手入れをすれば改善できます。

①細い棒でコネクタ部分をゴシゴシ

赤ちゃん用の綿棒でコネクタ部分をゴシゴシすれば簡単に汚れが落ちます。綿棒が無い場合は、SIM取り出しツールや安全ピン、爪楊枝といった細い棒の先端にテイッシュを包めば代用できます。

②エアダスターでホコリを飛ばす

エアダスターはノズルから空気が出るスプレー缶です。家電量販店で購入できますし、キーボードのお手入れにも使えますので一本あると便利!エアダスターが無い場合は、ファミコンが動かないときによくやったフーフーでも可能です(笑)ただし唾液が付着すると故障の原因になりますので、やる時は自己責任で…


このように、充電ができないのは本体の故障が原因でないことが多々あります。慌てて修理に出す前に、一度上記の方法を試してみてはいかがでしょうか?

無料相談はいますぐこちら

お電話でのお問い合わせ

東京新宿店0120905621

東京渋谷店0120905735

東京池袋店0120905809

東京高田馬場店0120963049

大阪日本橋店0120905916

大阪なんば店0120905992

メールでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • GoodモバイルのiPhone修理
  • コラム一覧
LINEでのお問い合わせはこちら

※修理対応端末はiPhoneのみとなります。
※6splus・7plusに関しまして、水没修理以外は行っておりません。