iPhoneカメラに不具合が起こった時の対処法

iPhoneカメラに不具合が起こった時の対処法

最近のiPhoneカメラの向上は凄まじいですね。画面も大きいし、手軽にすぐ撮影できるのでデジカメ代わりに使っている人がほとんどでしょう。

Instagramで毎日子どもやペットの写真を上げる人も多いですよね。そんな日常生活の一部になっているiPhoneカメラが、ある日突然調子が悪くなると大変不便になります。

「別に普段使ってないから、調子悪くてもいいや。」と思う人も多いでしょうが、カメラの不具合から本体の故障の原因に繋がることもありますので、カメラの調子が悪くなった時は放置せず、原因を調べた方が良いでしょう。

カメラの調子が悪い状態とは?

カメラの調子が悪いと感じる時は以下のような状態が起こっている時でしょう。

突然こんなことが起こると「カメラ壊れた!」と焦って修理や買い替えを検討するでしょうが、このようなカメラの不具合は以外と簡単に直ることがあるので、まずは一度こちらの対処法を試してみてください。

画面が真っ暗になる

レンズに何か付着している、または撮影時に指でレンズを覆っていないでしょうか?撮影時の問題でなければ、アプリの調子が悪いことが原因です。

ピントが合わない、ぼやける

レンズが皮脂やハンドクリームで汚れていたり、ピント調整を間違っていたりしませんか?尚、iPhone6 Plusの一部には初期不良で写真がぼやける不具合が発生しているので、該当する場合は一度Appleストアへ持って行くことをおすすめします。

ゴミのようなものが写る

実際にゴミが付着していないでしょうか?掃除しても直らない場合は、レンズの中にゴミが入り込んでいるか、レンズにヒビが入っている可能性があります。

フリーズする

メモリの不足や、アプリの立ち上げすぎで処理が追い付かなくなっている時に起こります。一度再起動をかけ、容量を開けてからカメラを起動すると直ることがあります。

カメラが起動しない

同じく処理が追い付いていない時や、iOSが最新でない場合に起こります。

カメラの不具合対処法

対処法① バックグラウンドで動いているアプリを終了させる

アプリの立ち上げすぎで処理が追いついていない時は、一旦全てのアプリを終了させてから、カメラアプリだけ起動させてみましょう。

対処法② 再起動・リセットする

困った時は再起動!iPhoneも機械ですので、大体はこれで直ります。

再起動は電源ボタンを長押しした後スライドで電源をオフにして、再度電源ボタンを押します。

再起動ができない場合は、ホームボタンと電源ボタンの同時長押しでリセット(強制再起動)できます。

対処法③ 掃除する

レンズを柔らかい布で拭く、カメラクリーニングで使うレンズクリーナーやブロアー(ゴム製で空気が出るアイテムです)を使って細かいゴミやホコリを除去します。

対処法④ iOSをアップデートする

iOSが最新でない場合、カメラアプリに不具合が起こるケースもあります。

尚、アップデートに失敗するとリンゴループになる可能性が高いので、Wi-Fi環境が切れない所で、電池残量に注意しながら行いましょう。

対処法⑤ 復元する

上記4つを試しても直らなかった場合の最終手段です。iPhoneが初期化されますので、必ずデータをバックアップしておきましょう。


これらの対処法を試しても直らない場合は、落下の衝撃や水没で基盤の故障、レンズの破損、または初期不良が原因と考えられます。

そのような状態で放置していると、いずれ他の部位にも支障が出てきますので、一度Appleストアや修理店で相談してみましょう。

無料相談はいますぐこちら

お電話でのお問い合わせ

東京新宿店0120905621

東京渋谷店0120905735

東京池袋店0120905809

東京高田馬場店0120940837

大阪日本橋店0120905916

大阪なんば店0120905992

メールでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • GoodモバイルのiPhone修理
  • コラム一覧
LINEでのお問い合わせはこちら

※修理対応端末はiPhoneのみとなります。
※6splus・7plusに関しまして、水没修理以外は行っておりません。