バイブレーションに異常を感じたら試してほしい対処法

バイブレーションに異常を感じたら試してほしい対処法

バイブレーションはマナーモードの際に、着信音を出さずに振動で通知を知らせる便利機能ですが、もしこれが全く振動しない、または振動しっぱなしなどの症状が起きたら物凄く不便ですよね。

しかし、落下の衝撃で破損したなどの外的要因以外で、iPhoneのバイブレーション機能が故障することはほとんどありません

ですので、バイブに異常を感じてもすぐに修理を検討せずに、以下の方法を試してみてください。

バイブレーションの異常を感じる時とは?

  • マナーモード時にバイブが鳴らない
  • 充電するとバイブが鳴り止まない
  • バイブが鳴ったと思ったら何も通知が来ていない

マナーモード時にバイブが鳴らない

このような状態の時は、バイブレーションの設定を間違えていることが多いです。

①ホーム画面から「設定」→「サウンド」へと進みます。

②バイブレーションの項目に「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」がありますので、マナーモード時に着信音を鳴らさずバイブだけを鳴らしたい場合は、「サイレントスイッチ選択時」だけをオンにします。尚、「着信スイッチ選択時」と「サイレントスイッチ選択時」になったのはiOS8.4からで、それ以前のバージョンでは「着信あり」「着信なし」となっていますので、その場合は「着信なし」をオンにすればOK。

③オンにしているのに鳴らない場合は、一度再起動をかけてみてください。それでもダメならバックアップを取った後、復元で初期化すると直ることがあります。

充電するとバイブが鳴り止まない

マナーモードで充電するとバイブが鳴り止まないという症状が出ることがあります。iPhoneはマナーモードで充電器に接続するとバイブが鳴りますが、これが連続して続いているということは、ケーブルが断線している可能性があります。

接続がついたり切れたりしているせいで、このような症状が起こっていると考えられますので、まずはケーブルを取り替えてみましょう。

バイブが鳴ったと思ったら何も通知が来ていない

LINEなどのアプリの通知は、受信のタイミングで少し遅れて鳴ることがあります。例えば、LINEの受信と電話の応答が同時だった時などに、通知バイブのタイミングがずれることが稀にあります。

また、本当に通知が来ていないのにバイブが鳴ったと錯覚するファントム・バイブレーション・シンドローム(幻想振動症候群)という現象があります。かっこいいネーミングですね(笑)

この現象はその名の通り、何も無いのにバイブが鳴ったと錯覚してしまう症状で、携帯電話を所持している人なら大半が経験しています。特に日頃からスマホに依存している人、即座にメールやLINEの返信をしないといけないと思っている人によく現れます。心理的要因が影響しているので、一旦依存を断ち切り、カバンの中などすぐに取り出せない場所に入れるようにしてみてください。


いかがでしょうか?バイブレーションの異常を感じたら本体の故障を考えてしまいますが、実は上記のような単純な答えだったりするので、すぐに修理を検討せずに、一度様子を見てみましょう。

無料相談はいますぐこちら

お電話でのお問い合わせ

東京新宿店0120905621

東京渋谷店0120905735

東京池袋店0120905809

東京高田馬場店0120963049

大阪日本橋店0120905916

大阪なんば店0120905992

メールでのお問い合わせ

メールフォームでのお問い合わせはこちら

  • GoodモバイルのiPhone修理
  • コラム一覧
LINEでのお問い合わせはこちら

※修理対応端末はiPhoneのみとなります。
※6splus・7plusに関しまして、水没修理以外は行っておりません。